脳梗塞患者への医療現場対応

高血圧による脳梗塞が心配で医療機関を受診

私は高血圧症ですが、ここ数カ月の間に今まで経験したことが無いくらい血圧が上がってしまい、脳梗塞や心筋梗塞や脳出血がとても心配になったので、医療機関を受診して降圧剤を処方してもらいました。医師のアドバイスはストレスを解消して、塩分を控えた食生活を送り、軽い運動を30分以上続けることです。私がネットで調べたり、健康関連の雑誌で調べたところ、塩分よりも糖分の方が血圧には悪影響を与えるようです。糖分は直接摂取する砂糖などの他に消化して糖質に変わる炭水化物も含めてなるべく摂らないようにするべきだということです。肥満が高血圧の原因のひとつになることを考えれば、炭水化物を摂らないでダイエットするのは理に適っているわけです。私は肥満とまではいきませんが、体重は標準よりも多めで肥満気味というところです。それに高血圧ですから、炭水化物を控えて糖質を制限することは一石二鳥だと思います。

また、高血圧にする原因としてはストレスがあげられるそうです。ストレスと言っても私にはストレスを解消することほど難しいことは無いと思うくらい解消法を知りません。感じるなと言っても感じてしまうのがストレスではないでしょうか。人には様々な悩みや苦しみがあるものです。それを感じなくする方法があればノーベル賞ものでしょう。そして軽い運動としては散歩が一番良いそうです。毎日30分以上散歩をするだけで体調は良くなり、血圧も正常になるらしいです。私にはストレス解消も30分以上の散歩もどちらも難しいことです。しかし、命に関わる重大な病気を防ぐには家族にも協力してもらいながら実行するしかありませんね。

注目の情報



Copyright(c) 2017 脳梗塞患者への医療現場対応 All Rights Reserved.