脳梗塞患者への医療現場対応

医療の進歩でも、脳梗塞は早期に発見が大事

現在の医療は進歩していますので、早期に病気を発見すれば完治することも多くなりましたした。脳梗塞は早期に発見することが大事な病気です。脳の血管に血栓ができることで、血液の流れが悪くなったり、通らなくなることで脳細胞に栄養が行き渡らなくなることで脳にダメージを与えてしまいます。早期に発見して手術をすればよいのですが、脳梗塞が突然発症してしまい倒れてしまった場合は病院で治療を受けて助かったとしても後遺症が残るケースが高くあります。後遺症には半身の麻痺が多くみられます。脳梗塞の部分によっては視野障害、言語障害、感覚障害、精神不安定になるなど多々あります。

脳梗塞を早期に発見するには、前兆を見逃さないようにしなければいけません。手足に力が入らない、めまい、人の話を理解できない、文字を書けない、半身が麻痺した感覚になる、ろれつが回らないなどが挙げられます。本人が気づかない場合もあるので、家族や周りの人がいち早く気付くことも大切です。軽い麻痺やしびれ、めまいなどの前兆は他の病気でも起こりうることですので、少しでも違和感を感じたら脳梗塞ではなくても病院での診察をすることが大事です。脳梗塞の原因には心臓病や高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙、大量飲酒、ストレス、脱水症状、加齢、遺伝などがあります。基本的には生活習慣を正しくすることが大事になってきます。食事に関しては血液をサラサラにすることが望ましいので、野菜を中心に味を薄めにすることが大事です。緑茶やコーヒーを飲むのも良いと言われています。

注目の情報



Copyright(c) 2017 脳梗塞患者への医療現場対応 All Rights Reserved.