脳梗塞患者への医療現場対応

脳梗塞発症後の医療の第二段階の回復期のリハビリテーション

脳梗塞発症後の、医療におけるリハビリテーションの、三段階の内の一段階目の急性期リハビリテーションの後に、二段階目の回復期リハビリテーションがあります。回復期リハビリテーションは、脳梗塞の急性期を脱してから2週間後ぐらいに、状態が安定してきた頃から始めます。急性期においては、おおよそ座るまでの訓練でしたが、回復期は、患者さんの状態にもよりますが、自分でベッドから起き上がったり、ベッドサイドに立てるようになったり、歩行できたりします。患者さんの現状を把握して、リハビリテーションを進めていきます。

まず、機能障害においての確認をします。麻痺はあるのか、関節の拘縮はあるのか、あれば程度はどれぐらいなのか、四肢の痺れはあるか、また、言葉は話せるか、呂律が回っているかなど、身体面・精神面においてどれぐらい低下しているのか。それから、能力低下においての確認をします。歩行状態であれば、真っ直ぐに歩けているか、足を引きずったり、つまづいたりしていないか、安定した歩行ができているか、また、食事状態であれば、お箸やスプーンを上手く使えているか、食べ物を上手く口に運んでいるか、こぼさずできているか、よく噛んで飲み込んでいるか、むせたりしていないかなど、事細かな事までチェックします。あともう一つは、社会的不利といって、仕事や家庭での生活において生じる問題などがあります。このようにチェックしたことを考慮して、運動障害や言語障害や機能障害を、回復期のリハビリテーションで、理学療法士や言語療法士や作業療法士と共に訓練を行っていきます。

注目の情報



Copyright(c) 2017 脳梗塞患者への医療現場対応 All Rights Reserved.