脳梗塞患者への医療現場対応

脳梗塞の医療について

脳梗塞の医療についてですが、脳の中の血管は、とても細くテレビで見ただけですが簡単に手術できるというものではないんだと思いました。しかも、脳の中で異常が起きると、一分でも早く医療機関に行かなくてはならないとききました。近くに誰かいればいいですけど、ひとりのばあいはとても大変なことかとおもいます。時間が経てば経つほど後遺症が残るとも聞いたことがあります。私なら、中途半端にたすかりたくないと思います。面倒をみるのは好きなのですがみてもらうことは、とにかく申し訳ないと思います。

脳梗塞の医療についてテレビでやっていたのですが、今の医療は素晴らしいと思いました。少し安心しました。でも、お医者さんによって技術もいろいろあると思うので、少し怖い部分もあります。テレビで脳梗塞を防ぐ予防法がやっていました。それは、ぜんちょうを見逃さないこと。といっていました。おかしいと思ったら我慢せずに病院に行こうと思いました。私は、いつもギリギリの限界まで病院に行かないタイプなので。後、水分補給をしたほうがいいとも言っていました。私は、とにかく飲み物を飲まないタイプで、頑張っても一日一リットルも飲めない感じでした。特にお水があまり好きではないので、どうしようかと悩んでいたのですが、お水じゃなくても、白湯を飲んでみようとあるとき思って飲んでみたら意外にも簡単にコップ二杯とか飲めたので今は、なるべく一日に一回は飲むようにしています。

注目の情報



Copyright(c) 2017 脳梗塞患者への医療現場対応 All Rights Reserved.