脳梗塞患者への医療現場対応

脳梗塞は早く処置をすれば、医療で助かります。

脳梗塞はとても怖いです。脳梗塞で倒れたら3時間以内に、脳の専門の病院に連れて行かないとほぼ助からないみたいです。脳梗塞の見分け方があるみたいで、物を落としたり、しびれたりしてると、ほぼそうです。ろれつもまわりません。目眩もするみたいです。私の母が倒れたと父から電話で聞いて、病院に連れて行ったみたいなのですが、脳梗塞だとはすぐに分からなかったみたいで、メニエール病だと診断されて家に帰ってきてしまったみたいです。それからも、吐いたりしてたみたいで、救急車を呼んだ時には最初に倒れてから3時間過ぎてしまってたのです。最初に連れて行った病院が、脳専門の医療なら母は助かってたのかもしれません。

脳梗塞の怖いのは油断できない。とゆう事です。私の母は脳専門で倒れてから最初に連れて行った病院で、入院する事になったのですが、入院して2日後に今度はくも膜下出血になってしまったのです。しかも、睡眠中にです。リハビリして、治るかもしれない。とゆう話まで出てたのに、とても可哀想でした。脳幹とゆうとても大事な呼吸器を命令したりする部分が、破裂してしまって、今の医療では助けられない。との事でした。私の母は亡くなってしまいました。この事もあって、脳梗塞は油断してはいけない、とても恐ろしい病気なんだ。と思いました。後で分かったのですが、脳梗塞は倒れてから3時間以内に手術をしないと助かる見込みが無くなってしまうみたいです。今の医療は進歩してるとはいえ、油断は禁物です。毎年の検診もして、気をつけないといけません。

注目の情報



Copyright(c) 2017 脳梗塞患者への医療現場対応 All Rights Reserved.