脳梗塞患者への医療現場対応

脳梗塞について医療はどこまで進んでいるのでしょうか?

脳梗塞はどうして起きるのでしょうか?主に血管が何かの原因で細くなったり、血液の濃度が上がる事により血流障害が起こることがおもな原因のようです。これは生活習慣が欧米化したことによる弊害とも言われています。普段から血圧が高い人も注意と聞いたことがあります。手の痺れなど急に物忘れをしたり何かが変だと思ったらとにかく病院に行く事をおすすめしたいです。ほとんどの方が最初は症状が出たりなくなったりするので病院に行かないでそのままにしていて、急に病状が出る場合もあります。それでは医療ではどのような治療法をしているのでしょうか?

やはり急務なのは血栓を溶解することで血液の流れを正常にするということになるのでしょうね。最悪な場合麻痺を起こす事になります。麻痺した手足はそのままにしておくと廃用症候群というものになってしまいます。よく聞くのは半身不随などですね。最近テレビで見たのですが、調子が悪い場合すぐにMRIにかけ、その場で詰まったところをワイヤーで通して治すという物でした。でもこれはかなり熟練のお医者さんでないと難しいそうです。慢性の場合は薬の服用で血液の流れを良好に保つという方法をしているそうです。今は発症後三時間〜六時間の間に受診する事が大事でこれをゴールデンタイムとも呼ばれているそうです。生活上の注意はやはりメタボリックシンドロームに注意する事、高血圧に気をつけることなどです。やはり普段から人間ドックにかかり自分の体調を常に把握していく事が大事だと感じました。

注目の情報



Copyright(c) 2017 脳梗塞患者への医療現場対応 All Rights Reserved.